投資の基本

【初心者向け】長期投資で最も大切なこと(メンタル編)

 ここでは、長期投資をするうえで私が最も大切だと考える「冷静さを保つ」、すなわちメンタルコントロールについて、私の実際の経験も踏まえながらお話しします。
 一見、「どんな気持ちでいようが、勝てばいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、気の持ちようが投資の勝敗に大きく影響します。
 最後に、冷静さを保つために必要な具体的な行動3つについて話しますので、是非心に留めておいていただきたいです。

 この考えについては、「株メンタル トップ3%投資家の最強ソリューション」という書籍がとても参考になりました。著者の上岡氏はYouTube(主に日米の投資、世界の金融経済ニュースの解説)もやっていますので、ご覧になってみてください。

〇Amazonはこちら

https://amzn.to/3UQIVYK

〇楽天はこちら

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/13 07:45:52時点 楽天市場調べ-詳細)

冷静さを保つことの重要性

 まず、仕事でもプライベートでも、平常心でいることが、仕事仲間やパートナーとの円滑なコミュニケーションや、最も良い選択肢は何かを判断する上では大事であることは直感的に分かると思います。実際、書店に行けば自己啓発コーナーにはメンタルコントロールの大切さを説く書籍がたくさん並んでいますし、いかにこれが重要か、また難しいかが分かりますよね。
 日常生活でも何となく大事だよね、と思っている精神的な安定ですが、こと投資となるとその難易度が上がります。
 まず、当然自分の身銭を賭けることになります。自分がこれまで頑張って働いて稼いだお金をかけて、損をするような場面に出会うことを考えてみてください。

投資から損失が発生すると

当然、投資なんて今までやったこともない中で、途端に気が動揺して悲観的になってやっぱりこんなことやらなければ良かった、もっと早く売っておけば良かったと後悔します。
 後悔するだけなら良いのですが、ひどい場合には鬱になる人もいると聞きます。
 また、そのような精神的に不安定な状態になると、冷静な判断ができなくなって一刻も早く楽になりたいという思いから狼狽売りをしてしまい、せっかくここまで保有してきて今後は期待できたかもしれない、値上がりの機会を逸することになってしまいます(もちろん、更に下がる可能性があり、そこも判断が難しいところです)。

 実際に私も個別株への投資を始めた当初はなかなかうまくいかず、半年ぐらい損失の状況が続いて暗い気持ちになり仕事があまり手につかなくなったり、プライベートでも心の余裕が無くなってしまったことが正直あります。

逆に利益が生じると

 逆に自分が持っている資産が値上がりすれば、今度は高揚してしまって過度に楽観的になり、普段なら買わないような嗜好品を買ったり、無駄遣いしてしまったりします。
 このような場合でも、実際に保有している株式を売却して利益を確定していれば、その浪費を埋め合わせることができるため経済的にはまだ問題ないのですが、売却していない、つまり利益が確定していない状況でこのような行動に走ってしまう(いわゆる、捕らぬ狸の皮算用)と、その後その株式が値下がりしてしまって何も残らなかった、ということになりかねません。

冷静さを失うと何が起こるか

 ここで言いたいのは、株式投資という非日常的な行為の中で冷静さを失うと、

   合理的な判断ができなくなり、本来得られた利益を得られなくなる
   本来、日常生活を豊かにするための投資が、日常生活に精神的な悪影響を及ぼす

 ことになる可能性があるということです。
 せっかく、他のものを犠牲にして時間やお金を割いているのにこのようなことになってしまっては本当にもったいないですし本末転倒ですので、常に「冷静さを保つ」ことを意識しておくことが大事だと私は考えています。

冷静さを保つために必要な3つの行動

 とはいえ、気持ちだけでコントロールすることは性質上かなり難しいので、再現性のある行動に落とし込む必要があります。実際の経験を通じて、これをすれば動揺しないな、冷静さを保てるな、と考えている行動が以下の3つです。

  1. 手元の資金を一括投資せず、余裕分を現金として残しておく
  2. 手堅い投資(インデックス投信、長期安定株など)を中心に置く。リスクのある投資(レバレッジ型の投資信託、成長株など)は資金の10~20%など目安を決めて範囲内で
  3. 足元の経済環境、投資先の短期業績を気にし過ぎない(長期目線で物事を見る)

 あくまでも私個人の考えですし、実際にこのような動揺する状況に陥ってみないと実感が湧かない面があると思います。そういった意味では、取り返しがつく範囲でこのような状況を一度経験してみて、何が自分の場合は大切なのかを考えることも大事かなと考えています。

 また話が長くなってしまったため、これらの行動の詳細については、また別の機会にお話しできればと思います。

投資メンタルを考えるうえでお勧めの一冊

 最初にも紹介しましたが、メンタルの重要性については、常に市場の心理を読んで客観的な立場で投資することや、その行動を再現性があるように自分の中でルールを決めるなど、この書籍から得たものが大きいです。
 著者の上岡氏はYouTube(主に日米の投資、世界の金融経済ニュースの解説)もやっていますので、ご覧になってみてください。

〇Amazonはこちら

https://amzn.to/3UQIVYK

〇楽天はこちら

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/13 07:45:52時点 楽天市場調べ-詳細)

※この記事に記載した内容はブログ運営者の個人的な意見やアイディアを述べたものであり、専門的なアドバイスを示すものではありません。特定の銘柄への投資を推奨するものではなく、投資の判断・実行は自己責任でお願いします。